児童を伸ばす学び方と稽古事に関する要点

少年・少女の健やかな発育のために重要となる教育として情操教育を耳にします。要は、分別そして思いやりを養ってイマジネーションをアップさせる様な学びで、バイオリンや絵画、そしてピアノレッスンといったものがポピュラーと言われます。これは自立的に思考し決意が出来る能力も培ってくれる場です。小学下級生および5・6年生を比べると、勉強方法が明確に違います。下学年ですとベーシックな学習習慣を身につけるのがポイントです。他方で上学年では中学受験の勉強、または中学進学の準備に入る為、自分のライバルに学力差がつく指導内容にした方が理想なのです。情操教育がもたらす美点ですが、ユニークな人情や考える力および判断力が身に付けられるのではないでしょうか。成長期の間に思い煩ったり障壁が立ち塞がったとしても、絶やさず養ってきた情熱が備わっていれば己の能力で克服する事も出来るでしょう。

http://xn--u9j191gdq3ah5crzs.jp/category1/entry66.html

コメントを残す